ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


むはー。誰も見てないかもしれないけど。
おこんばんは。


元気だったり、元気じゃなかったり。
なんとなく幸せを感じたり、理由もなくイライラしたり。
良いときも良くないときもあるけど、わたしはぼちぼち暮らしています。


前回の記事を読み直して。
「当時はすごくいらいらして苦しかったんだなあ。冷静になってから書いた
つもりの文章なのに、なんて憎悪のこもった文章…!(ひぃっ!)」と思ったでげす。

苦しさから抜け出そうとして、ダライ・ラマの本とかスピリチュアルな感じの本とかも読むようになったのですけど、だいたいのそっち系の本に

・まわりを変えようとするのではなく自分が変わること
・自分の感情と一体化して振り回されないように、自分の感情を観察すること
・「いま」を生きること(過去や未来にとらわれない)
・「ある」を感じること(不足に目を向けるのではなく、今あるものに満足を感じること)

が書いてあるように私には読み取れました。
ふむふむ。理解はできるのですが、気が付けば感情に飲み込まれてネガティブになったり、むかしのことを思い出して心が乱れたりと、なかなか難しいね。
でも「あかんあかん!この思考の堂々巡り、ストーーーップ!」と昔よりは
無駄に暗い思考におちいる時間が減ったように思うのです。
なので、あのイライラの時期もわたしがこういう本を一生懸命読むきっかけになったりとか良い面もあったのかもしれないね。苦しかったけどさ。




さて。最近楽しいなあ、幸せだなあと感じるときですが、通勤途中のカラスの観察です。
いま、私の中でカラスブームがおこっておりましてね。
昔、北海道にひとり旅したときに楽しそうに水浴びしているカラスたちを見かけました。
あまりに楽しそうで、それ以来カラスにちょっと好感を持っていたのですが、
最近図書館で偶然目に留まったカラスの本を借りてから、カラスの観察が楽しいです。(北海道のカラスの行水はそこそこ長かったよ!)

普段よく見られるカラスはハシボソガラスとハシブトガラスの二種類だそうで、
くちばしの太さ等からこの二種類を見分けることができます。
カラスについて本から学んだことは、普段の生活ですぐに確認できるのが楽しいところです。
「私が通勤中にいつも見かけるカラスはハシボソガラスだったんだー!」とか「うお、ハシボソガラス、本で書いてあるとおりに人間みたいに上手に歩いとる!(ハシブトガラスは両足でぴょんぴょん飛ぶように歩く)」とか。

私がある地点でいつも見かけるカラスはだいたい二羽一緒にいることが多いのです。
つがいかなあと思っていたけど、片方の口の中がやたらと赤い。
子ガラスの口の中は赤いということなので、「つがいじゃなくて親子なんだ!」
「良く見たら口の中が赤いカラスは少し体が小さい!」
と二羽のカラスの関係性が明らかになったりで朝からひとり興奮してニヤリとしてます。

親子なんだ目線で観察すると、子ガラスが親ガラスの周りを大きく口をあけてうろうろしてるのはエサをねだってるのかな。
あ!今親ガラスが子ガラスの口に何か突っ込んだ!
とか。カラスの子育てを観察できて、子ガラスの甘えん坊ぶりを見て、何だか楽しくて幸せな気持ちになります。


今日のお昼は家族と中華料理屋にいったのですが、中華料理屋の裏に
こってり油もの好きのハシブトガラスがぴょんぴょんしてました。
ぎっとぎとの回鍋肉を私も食したので、このカラスもぎっとぎとの何かにありつけたと予想。
中華料理屋に目をつけるあたり、賢いぜカラス!好きだ!
と思うのであります。

カラス萌えー。





久しぶりに訪問してみたらたまたま昨日更新してたみたいですね!カラスは頭いいですよーホント。
外で生き物を扱ってる仕事をしているのですが、カラスはよーく人間、または他の動物のことを観察してますわ。
具体的には餌あげる人間とそうでない人間、カラスを襲うのが上手い猫と下手な猫の区別はついてると思われます。
そんなしたたかなカラスは鬱陶しいけどなんか嫌いになれないんですよねー。
【2014/06/09 21:30】 URL | ネコ #-[ 編集]

数ヶ月ぶりに椿さんのブログを見てみたら、なんと更新をなされていらっしゃるじゃないですか!北海道一人旅とは、つわものですな。井脇が小六だったころ、父親と三週間ほど掛けて、大阪から車で青森まで行き、海をフェリーで渡り、函館から行き当たりばったりで観光して、行き当たりばったりでキャンプ場でテントを張りながら、自分たちで現地で食材を手に入れながら晩御飯を作って、北海道を一周して、また函館から大阪まで車で帰って来た思い出があります。大人になってから友達とも車で行きましたよ。やはり、ひとりで北海道に行く椿さんはつわものですな。うちもつよく生きるよ。
いろいろたいへんですが、ともにつよく生きましょう!そして、いつかお会いできたらいいですね。そういや、うちの元山男の父親は、うちらこどもができるまで、家で鳩を飼ってたな。
【2014/06/09 21:43】 URL | 井脇ノブコフ205 #-[ 編集]

椿さんお久しぶりです。
なんだか心配していましたよ・・更新があって嬉しかったです!

私も暗黒にはまった時期があり苦しかったです。

で、私の体験からおすすめなのがQEっていうヒーリングの本です!

過去の感情にめっちゃ効きました!簡単でしたし。
思い出せなくなるくらいでした。
すぐ癒しが起きますし、よかったらオススメです!
【2014/06/15 01:30】 URL | 鈴木 #z8Ev11P6[ 編集]

>ネコさん
いやー、カラスの良さを分かってらっしゃる方はやっぱり居るのね。

遊んだり、親に甘えたりと見ていて楽しいです。
観察していたカラスが親元を離れてしまったのか、見かけなくなっちゃったんですけど外に行くとやっぱりカラスを探しちゃうのです。

この前は、生ごみにかけられたネットをうらめしそうに見ているカラスが居たよ。


>井脇ノブコフ205 さん
なんというか、ワイルドなご家庭ですね。
わたしは北海道へは飛行機で行ったので強者ではないのすよ。
ラーメン食べて、生キャラメル買って。ゆるい感じっすよ。

鳩を飼っていたってどーゆーことでしょう。
鳩レース用でしょうか?
謎だらけの井脇ノブコフ205 さん。
京都のときはありがとうございました。
いつかお会いしましょう。


>鈴木さん
本のご紹介ありがとうございました。
なんとアマゾンさんでも取り寄せしないと在庫なしでした。でもちゃんと手に入りましたぜ!

いろんな本が出ているのは知ってたつもりですけど、QEは教えていただくまで知らなかったです。

本を読んでて重要だと思う部分には付箋をつけるのですが、読んでて付箋だらけになりました。

役立ちそうな本をありがとうございます!
【2014/08/23 21:47】 URL | 椿 #-[ 編集]

鳥籠(なんか字面が烏龍茶っぽい)におそらく野鳩だと思いますが、鳩を飼っておりました。井脇が物心付いたときには、ベランダに大きなカゴだけが無残に残っておりました。しかもうちは団地ですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
【2014/08/25 18:57】 URL | 井脇ノブコフ205 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ささくれ一人女。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。