ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


婦人科。



処女にとっては恐ろしい場所じゃないですか?
がっつり脚開かれーの、未開の地に器具突っ込まれーの…。
恐怖である!!



私、実は生理不順がひどくって。
生まれてから一回も普通に生理が来たこと無いんです。
ほとんどの女性は次の生理日の予測ができると思うんですが、私はそれができません。
生理周期がめちゃくちゃで2か月とか生理来ないのがザラなのよね。(普通は1か月くらいでくるはず)



昔から「彼氏できる気がしねえ。子供も当然できねえ。」と思って生きてきたので、
正直「子を授かる予定がないから生理必要ないし、普通の女の人よりも楽できてラッキー。」くらいに思っていました。
だが今回は4月末から来ていない。今は9月である。
年齢も年齢なので、「もしかして本当に子どもを作れない体なのかもしれないから、一度確認すべきじゃないか」と思い、婦人科へ向かったのであります。なんかお腹に微妙な痛みもあったし。



器具突っ込まれる!という思いが強くってひたすら不安でした。
問診の最初の方の欄に「性交渉の経験」の有り無しを記入させられました。
ネットで調べたら、性交渉経験なしだとそれを考慮した方法で診察してくれるみたいだったので、問診の最初の方のかなり目立つところに記入させられたのでちょっと安心しました。



多感なお年頃だった頃は、きっとこの質問が嫌で仕方なかったと思うんだけど、器具を突っ込まれる恐ろしさを考えると、アラサー経験なしの恥ずかしさなんてどっかに行っちまいました。
年々恥じらいとか無くなっていくよねー。



先生はおじいさんとおじさんの中間くらいの年齢の男の先生。
生理不順のことを先生に相談して、いざ診ましょうというときに先生に質問しました。
「あ、あのっ!これってちゃんと考慮してもらえますか?!」と問診票の「性交渉経験なし」を指さしながら聞いたのです。
怖いのですもの。
先生の「もちろん考慮しますよ。今は器具を中に入れなくても診ることができるからね。」という言葉に安心しました。



電動の椅子にパンツを脱いだ状態で座るんです。
看護婦さんが操作すると、椅子の向きが変わって脚をパカッと開いた状態になるのです。
先生が診てくれるまでの間、しばらく脚開いたモロ出し状態で放置されたのは相当恥ずかしかったわい。
カーテンで顔が先生に見えないようになっていましたが。
顔が見えないのにおっぴろげで先生と会話するのも変な感じです。
先生から見た光景を想像すると地獄絵図である。





上半身と下半身を仕切られていたので、どんな状況かさっぱり分からなかったのですが、器具を突っ込まずに穴(おっと失礼!)付近に器具を引っかけられる感じがしただけで本当に画面にわたしの子宮が映っていました。どんな仕組みだ…。今ってすごいのね。
とくに痛みも無く、一瞬で終わりました。




「生理が来ないから、わしゃあ、男の体に近づいとるのかのう?」と思いながら診察の結果を聞きました。
「結婚したら、問題なく子供が産めますよ。すぐにできます。」と言われました。
結構私みたいに生理不順がひどい人もいるけど、そういう人でも結婚したらすぐに妊娠してるとのことです。



現在は生理が止まってるのはそんなに深刻に考えなくても良いけど、あんまり良くはないんだって。
一般的に女性よりも男性の方が病気にかかりやすい傾向にあるけど、生理がないということは今の私はからだの状態が男の人状態ということみたいです。病気になりやすいのは良くないから、生理がくるように薬をだしておくと言ってくれました。



からだが男の人状態って、すごくないっすか。どうりでアゴに太めの毛が一本生えていたわけです。




あんまり居ないかもだけど、処女で産婦人科に行こうか迷っている人が居たら、意外と大丈夫だから行ってみても良いと思うよー!



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ささくれ一人女。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。