ADMIN TITLE LIST
友達の結婚式に行ってきました。
素敵でした。



友達がすごく彼から愛されているのが分かりました。
もう、なんかどんだけ好きやねん。って感じです。
旦那さんは「幸せにします!!」と皆がいる前で大きな声で宣言していました。
「結婚記念日には外食をしよう。プレゼントも用意するね。」
みたいなことを言って、最初のプレゼントとしてネックレスを用意していました。
そのネックレスを震える手で私の友達につけてあげていました。
私の友達は彼のそんな姿を、ニコニコしながら暖かく見守っている感じでした。



もう、別の世界のお話みたいで大変衝撃的でした。
私は友達が大変少ないので、ちゃんと仲の良い友達の結婚式ははじめてだったのですが、感動しちゃいました。
誠実そうな旦那さんを見て「あー、もう絶対この子は幸せになるよ!おめでとう!!」とひたすら思いました。
「お幸せにね」じゃなくて「もう絶対幸せになるだろうから何の心配もないね!」って感じ。
二人とも終始とっても幸せそうでした。
本当に良かった。



私はといえば、ネット婚活にチラリと手を出してはみましたが、話の合いそうな良い人が居た!
と思って、漫画や読書や歴史の話を熱くメールにしたらすぐにメールが途絶えたり。

なんとなく申し込みを受けた相手からはどう返信したら良いか分からないようなメールを頻繁にもらって、返事に悩んでいるうちに向こうからお断りをされたり。
だって「今日は温泉に行きます」「釣りに行ったので釣った魚をその場で調理して食べました。美味しかったです」みたいな短いメールが日に数通くるのです。
いや、携帯のメールで受信してたならそういうメールもありかもしれないけど、私はパソコンのメールなので…。
こちらの返信を待たずに向こうが一方的にメールを送ってくれる状態が続いたのです。
そしたら「あなたみたいなやる気のない人とやり取りしていても時間の無駄です。あなたの事は切ります。」とメールをもらって終了しました。
切ります…、って。そっちが申し込んできたんじゃろうが!断るにしてももっと言い方があるじゃろがーーー!!!みたいなちょっと嫌な気分になりました。
んで結局誰とも会うこともなく退会しました。





ネットではなくリアルな方では、友達が超一流企業の男性らとの飲み会を企画してくれまして。
「こんなアラサーじゃなくっても、エリート男性には若くてピチピチした女子がいくらでも寄っていくじゃろうて…」と、何にも期待せずに大しておしゃれもせずに行ったのですが、なんと私のことを気に入ってくれた人が居たのです。
メールや電話でやり取りしているうちに超高学歴で仕事熱心で良い人じゃんということが分かって…。
私で良いんすか?ってほど素敵な条件の人だったのです。
ですが…。

はじめて二人で会ったときに手をにぎられ。
その瞬間に「良い人だけどダメだ…。触られたくない…。」と思ってしまいました。
仲良くなってからならまだ良かったかもしれないけど、この時点では無理でした。
あと、とにかく褒めてくれるところが苦手でした。
「可愛いね」「色が白いね」「肌がきれいだね」「女の子らしいね」などなど…。
近くに誰か居たらツッコミを入れずにはいられない言葉の数々。代わりに私が心の中でツッコミを入れてましたから。
一緒に食事をしているときに、私は食事のスピードが遅いので「食べるのが遅いから待たせちゃってごめんね」と言ったところ、「いや、一生懸命食べている姿が可愛いよ」と見つめられ、無理だ!と思いました。

でも悪い人ではないと思うからもうちょっと頑張ってみようと、誘われたのでもう一回会ったのですが、終始「触られたくない!」という思いから距離をとってしまいました。いや、何だか隙を見せたら触られる気がしたのです。気のせいじゃなくて、そこ私に触れる必要ないでしょ!って場面でも手を触ってくるんだもん!
帰り道で「その髪、どうやってセットしているの?髪の毛触って良い?」と聞かれ、「あ、これムースでセットしてるんだけど、見た目と違って意外とかたいから触らないでおいて」と言って乗り切りました。
ふう。うまく乗り切ったぜー!と思った瞬間に「手を握っていい?」と聞かれてしまい、「い、いや、あの、すみません。ごめんなさい…」と言っちまいました。

解散後、「会って間もない男の人に触られるのは好きじゃないので、あんな反応をしてしまいました。ごめんなさい」という旨のメールをしたら、ものすごい勢いで謝られました。
最初の方からあまり女性慣れしてないみたいなことを言ってたので、悪い人じゃないと思うんです。ほんと。
学生時代は勉強ばっかりしてきたので異性との距離感がつかめないというタイプではないかと。
私じゃなくて、もっと他の女性だったらうまくいったんじゃないかと思いました。
褒め言葉を素直に受け止められる女の人だったら。
経験豊富な女性だったら、いきなり手を握られても平気だったんじゃないかな、とか。
「友達として仲良くしてください」という言い方で終わらせたのですが、私のせいで彼が女性と接することが苦手になったらどうしよう。本当に申し訳ないという気持ちでいっぱいです。





はい、更新が滞っている間にこんなことがあったのです。
色々あったので、すんなりお付き合いが始まって、お互いが何の迷いもなく「この相手と結婚しよう」「相手のことを幸せにしよう」と思えるのは本当にすごいことだと改めて思いました。
もう何をどう頑張ったら良いかわかんないぜ!!!



おやしみ。





| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2012 ささくれ一人女。, All rights reserved.