ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今定期的にお会いしている男性に「手作り弁当が食べたいなあ」みたいなメールをいただいたので作ったのです。



本当はメールをもらった瞬間に「だが断る!!」と言いたかったの。
でも「お弁当作ってほしいって言われたんだけど、断っていいかなあ」と念のため母に聞いてみたら、「作ってあげなさい!」と言われちゃいまして。(母だけには相手の人のことを報告済み)



作るのがめんどいから嫌なのではなく、恥ずかしいのよ。
一生懸命作っているところを家族に見られるのが恥ずかしい。
想像しただけで「ぎゃああ!男の人のために料理してるところ見られるなんて恥ずかしくて無理!!」と思ったのです。



ひとりで完璧に作れるほど実力もないので、母親に聞きながら、それでいてほかの家族に見られないようにとびくびくしながら作りました。
前日の夜に煮物をつくり、当日は朝の5時台に起きて完成させました。



完成したお弁当を渡したらとっても喜んでくれて、はやく食べれば良いのにしばらくの間、何枚もお弁当の写真を撮ってくれました。
しかもめっちゃ褒めてくれるの。
「品数が多いのに上手に詰めてあるね」とか「すごいね。これも自分でつくったの?」とか「煮物は普段なかなか食べる機会がないからうれしい」とか「想像してたよりずっとおいしい」とか。



ニコニコしながら写真を撮ってくれる姿を見て「どうしよう!この人すごいかわいいな!おい!」と思ってしまいました。
作るの断らなくて良かった。
おそらくこんなことの積み重ねで、相手の存在がどんどん大きくなるものなんだろうなあと思いました。



毎回会うたびに良い人だって思うんだけど、相手の存在を自分の中で大きくしてしまっても大丈夫なんだろうか。
頻繁に彼氏がかわる知り合いがいるけどお別れするとき辛くないのだろうか。



とりあえず料理のできる人になるようにがんばるのよさ。

スポンサーサイト

ただの愚痴です。


友達と遊んだときに、食事のためにデパートのレストランゾーンに行ったのです。



休みの日ということもあって、どのお店も大変混雑していました。
その中で、ほかの店よりは若干空いている店で座って順番を待っていました。



私たちの前で待っていた親子(母と娘)が店の人に
「今から三十分で食べ終えることができるか」と聞いていました。
お店の人は「あー、三十分は無理ですね」と返事していました。



私たちの順番がまわってきて席につくと、隣は先ほどの親子でした。
少し待つと私たちのテーブルに頼んだセットのうちのサラダが来ました。
すると隣の母親の方が店員を呼びつけました。



「私たちの方が先に注文したのに、なんでサラダがきてないの!?」って。
うわあ、席もすぐ隣だしちょっと気まずいなあ…と思っていたら、確認して戻ってきたウエイトレスさんが
「お客様の注文されたメニューですと、サラダを含めたすべてがワンプレートになっていますのでもう少し待っていただく必要があります。」と答えていました。



じゃあ遅くてもしょうがないじゃん!
別に誰も悪くないのに、隣に居る私たちはかなり嫌な気分になり、あまり会話もせずに食事しました。
私の友達は隣で「どんだけあつかましいねん!」とつぶやいていました。



事前に大きな写真付きのメニューで確認して注文しているはずなのに、その母親はその後もかなり不満そうでした。
このやりとりの間、娘は席を離れていたのですが、娘が戻ってきて座ると、母親は不満が収まらないようで娘にぶつぶつ言っていました。
私が娘だったら、「頼んだメニューが違うんだからしょうがないじゃん」で済ませると思うのです。
しかし娘のほうも「そんなんサラダだけ先に持ってくればいいじゃん!」と一緒に怒っているのです。
サラダ以外は私たちよりもちゃんと早く来たのに。



うわあ、私たちとそんなに歳が違わないと思うけど、この子とは友達になれんわあ…と思いました。
でもそんなに焦っているなら早く帰ってくれるよなあ、と嫌な気分で食べていると
私たちがデザート食べ終わってもまだ娘の方がタラタラ食べていました。
母親の分まで奪って食べてました。



まわりを不快にしといてそれかい!!時間気にしろよ!!!
やっぱり親が変だと子供も変なんだと思った出来事でした。やべえな。




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2011 ささくれ一人女。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。