ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こないだよく晴れた暑い日に、婆ちゃんにバッタリ会ってしまいました。



普段の婆ちゃんの服のチョイスはなかなか独特なのですが、あら?今回は似合う服着てるじゃん。
と思ったら、昔に私が自分用に買って似合わなかった服でした。



いつあげたのか全く覚えてないけど、着こなしてるなあと思って「その服って昔私があげたんだっけ?よく似合ってるじゃん!」て褒めたんです。
花柄のタンクトップ。



婆ちゃんは私の褒め言葉は普通に無視して、「暑くてかなわん!」と言っていました。
タンクトップの裾をバタバタめくりながら。



うわー、相変わらず話噛み合わねえ!とその場を立ち去ろうと思ったんですけど、なんだか自分の見ている光景に違和感を感じました。



タンクトップの裾をバタバタめくる婆ちゃん。
婆ちゃんが裾をめくり上げるたびにあり得ないものがチラチラするんです。
乳が。
乳首が。
裾をちょっとめくっただけなのに見えてる。




吉本新喜劇に出てくるお婆さんの乳。
あれはガチだったんだ。小さい頃は冗談だと思ってました。
女性の胸の位置って、すごい下がるものなんですね。



うちの婆ちゃん基本ノーブラだからね。
モロです。モロ師岡ですよ。



「婆ちゃん!やめっ!見えるから?バタバタしちゃダメ!」と言っても気にしません。
「はー?そんなんいいんだ。」と喋りながらバタバタチラチラし続けます。
こっちが良くない!



けれども、説得するのもめんどくさいので本人の意思を尊重することにします。おやすみなさい。

スポンサーサイト

美容院に行きました。
髪を思いきり切ろうと思って。



いつも髪を切ってくれる美容師さんが他の人の接客の最中だったので、アシスタントの女の子がマッサージとかして相手してくれてたんだけどね。この子がまた私のことを褒める褒める。



「以前いらっしゃったときはメガネかけてましたよね。わたしお客さんのこと覚えてます。すごい可愛い方だなーって。あのときの髪型とっても似合ってました!すっごく可愛かったんでお客さんが帰られた後に◯◯さん(わたしの担当の美容師さん)と裏で絶賛してました!!」
とか。


妄想で書いてるんやないで。マジでそう言ってくれるのよ。自分で今書いてて罪悪感でいっぱいです。
ほんと、状況に頭がついていかずにアワアワしました。



「でも今日は髪を短かく切るつもりなんです。」ってアウアウしながら伝えたら、「お客さんは顔が小さいから、きっとお似合いですよ!」って言うんです。
わたしって…!そうだったのか…!



髪を切ってもらってる間、「うーん、私って自分で鏡で認識している姿よりも、実物は可愛かったりするんじゃねえのか?」と思いながら、鏡を見てました。
ほら。自分で見えている世界と、他人が見ている世界って違うぽいじゃないすか。



小顔美人を家に帰って確認だ!と、全身を鏡で見てみたら、おまけして数えても5.5頭身しかない人間がいました。
顔の小ささキャプテン翼に遠く及ばない。
小顔も居なければ美人も居ない。
もう誰も信じない。ギギギ…



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 ささくれ一人女。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。