ADMIN TITLE LIST
皆さんいかがお過ごしか。
花火大会のポスターとか見ると嫌な気分になる季節です。




花火・海・スイカ割り・バーベキュー。
こんな夏の過ごしかたをしてる人とはあんまり仲良くなれない気がする。
やってみないとわからないけど、わたしと仲良くなったところで相手には何のメリットもないのす。ごめんね。




さて、そんなわたしの夏の過ごし方。
Youtubeで「おねがいマスカット」「ガリガリガリクソン」「キュートン」を見て時間を潰すという感じです。
どんどんAV女優の顔と名前を覚えていきます。
真面目な顔で仕事してるふりしながら肘かいかいかいかいかいかいかい…て頭の中で歌ってます。
椿鬼奴のあのメイクは必要ないんじゃないかと思います。
ますます誰とも話が合わん。




花火とか海とか。ゴミが出ていかんわー。環境破壊やでほんま。
どいつもこいつも自分の出したゴミはきちんと片せや!片付けられんなら遊びに行くな!死にたくなければ生まれるな!!




その点わたしの時間の過ごし方は誰にも迷惑かけないよー!
クーラーはつけるからエコではないけどな。



エコってなんだよ。
エコバッグなんてすぐ忘れちゃうから、お金払ってレジ袋に入れてもらったら昔よりしっかりした厚手のレジ袋に入れてくれましたよ。エコの時代なのにな。レジ袋はゴミをまとめるときとかにしっかり利用してたのにな。今はレジ袋っぽい袋をわざわざ買ってきてゴミを捨ててます。
母はエコバッグを入れるためのエコバッグが欲しいので買ってくれとかわけの分からんことを言ってます。エコバッグ5つくらい持ってるくせに。



ああ。定期的にある行きたくない飲み会に行くと「家と会社の往復であんたって生きてて楽しいのか?」といつも聞いてくるおばちゃんがいます。
べつにその人に迷惑かけてないはずなのに何でそんなこと言われるのかわからんぜ。
まあ、あんあまり楽しくないから鋭いっちゃあ鋭い。




コメント欄が少し前から断りもなく承認制になっとりますが、べつに批判のコメントを消してるとかじゃあなくって、業者の書き込むコメントを「わたししか見てないよばーかばーか」と思いながら消したいがためにそうやってます。すぐに反映されなくてごめんね。
またお返事します。




20090718234302
静岡おもろー。






鍾乳洞とトラバウアーの関係性がわからん。






さわやかなハンバーグは爽やかでもなんでもない。






静岡県民の餃子へのパッションが理解できん。
なぜそんな変な時間に並んで餃子を買うのか。






そういや、鍾乳洞に興奮して気がつけば単独行動してたなあ。





鍾乳洞の暗がりでひとりで写真をとりまくってる私を見たイケメンと可愛い女の子のカップルは、なんとも言えない顔をして私をチラ見してました。(とくに女の子の方の私を見下したような目がすごかったよ!)






悔しかったので暗がりでいちゃいちゃできないように、同じペースで歩いて邪魔しておきました。


半そで着てると腕が出ちゃうじゃない。



腕が白いらしいです。わたし。
わんぱくって意味じゃないよ。「わんぱく」ってなんで「腕白」って書くんだろうねええ。
わんぱくな奴はどっちかといえば腕が黒いだろ。
わんこくで良いやん。



話それた。この夏は特に白い白いと言われます。
私が「あの人色白だなあ」と思ってた人よりも白いと言われます。
職場の人に腕をつかまれて、「あなたは透明感のある白さねえ」と言われました。褒めすぎ怖い。



あと「椿ちゃんちょっと痩せたかねえ?」と言われました。そうなんです。ちょっとだが痩せた。



「うへへ。わかります?」と言ったら、近くにいたお姉さんも「うん。痩せたよねえ。今の状態がベストだと思うから、それ以上痩せないほうがいいよ。そのプリッと感は若いうちしか出ないからさあ。」と言われました。
まだ平均体重よりは重いんだぜ?と思いながら、素直に喜んだ。



だが別の日。
「あれ?前とても痩せて見えたんだけど今日はそうでもない…?」と同じ方から言われた。
お姉さんも「前のが痩せて見えましたね…」と。
おやおや、雲行きが怪しくなってきましたね。



最終的には他の人たちも巻き込んで、『この人は着る服によって痩せても太っても見える』という結論に至りました。
つまりあれだ。この前の痩せたね発言はちょっとした勘違いでしたよ、みたいな流れになりました。
おいおーーーい!



思うにこの方はいったん大げさに褒めるが、後日ふと正気に戻るようである。
しばらくしたら、また腕をつかまれて「透明感のある白さだと思っていたけど、近くで見るとすごい毛深い!」とか言われるのだろうか。




ちょっと前に同じ方が「椿ちゃんがはじめてここに来たときは花のように綺麗だった」と言っていたが、完璧に過去形なあたりがすげえ気になるよね。しかも花て。
大げさに褒めて、持ち上げといて、たたき落とす!という高等テクニック。見習いたいものです。




「ここにきたときは花のようだと思ったけど、よく見るとハナクソみたいな顔だねえ」といつ言われても心が折れないように今からイメージトレーニングしとく。(わたしはハナクソわたしはハナクソ…)






| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 ささくれ一人女。, All rights reserved.