ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫の尻の異常に気付きました。



なんか肛門がちょこっともりあがってる。
なにこれ?
脱腸?脱肛?



よくわかんないけど大丈夫かしら。
お尻におできができただけかもしれないから、ちょっと様子を見ようと思う。



とりあえず「すごいじゃん!今日からお前の持ちギャグは『だっちょーの!』だね。体を張ったギャグだね。猫なのにギャグができるなんてすごいね。」と褒めておきました。
人を3人は殺したことがあるような顔して猫は私を睨んでいました。



超超超腸心配だっちょーの。




スポンサーサイト

ひとりでニヤニヤしてることが多いです。



「ジョン・健・ヌッツォって3人かよ!」とか考えながらニヤニヤしたり、『千の風になって』を途中まで歌って「死んでなんかーいーませーんー…死んどるがな!!」と突っ込んだり。



だいたい車の中でブツブツ言っています。



こんな大人になると思ってなかったなー。
うーん。どこで間違ったんだろう。



今日「おはようございまーす」と言いながら職場に入るところを、「ごちそうさまでしたー」って言いそうになりました。
「ご」を口の中で飲み込みました。あっぶね!あぶね!
子供よりひどい。





香港かどこかで有名な占い師さんに占ってもらったことがある人の話なんですが。



その話をしてくれた人(女の人)の前世は自分勝手なひどい男性で、家庭があったのにその家庭を全然大事にしていなかったので現世にひどい目にあっているんだと言われたそうです。こわ。



そして、その人と一緒に占ってもらった人は肩の痛みに悩まされていたそうなんですが、占い師曰く「前世がカニ漁の漁師だったので、そのときに痛めた肩の痛みが今も残っているんだ」そうです。







わたしは誰かに占ってもらったわけではないんですが、カニ漁師の話でピンときました。
わたしは水辺に行くとひどく興奮する性質なんです。
きれいな池を見ては水草のゆらめきを凝視し続け、海辺に行けば一緒に来た人たちから離れて単独行動で歩き回るし、でかい湖にいけば感動してひとりでわあわあ言う。
「池にあんなに興奮するなんてちょっと怖かった」と一緒だった人に後日言われたことがあるほどです。



なので、わたしの前世はプランクトンかミジンコじゃないかと思うのです。良くてカニ。



わたしの中ではプランクトンもミジンコもわーわー言いながら水中の中を動き回っているイメージがあるのす。あるのです。わーわー。
顕微鏡で見るミジンコとかプランクトンもみんなわーわー言いながら動き回って見えるよねんねん。



うーん。それにしてもなんで美輪明宏は自分が天草四郎の生まれ変わりだと思うんだろうなあ。
わたしの『自分ミジンコ説』のほうがまだマシな気がしないでもないでもない。





高校の頃の友達と遊んできました。
みんな彼氏いない。



延々と「どうして私たちは彼氏ができないんだろう」「どうしてみんな普通に恋人がいるんだろうスゲエ!」という話をしていました。



わたしたちは高校時代、カースト制度の最底辺ではなく。
かといって上層部に居るわけではなく。
バイシャあたりでした。



異性に積極的でもなく、かといって積極的に迫られたからといってすんなりと受け入れるということもなく。
「要するにうちらは外見も内面も中途半端なんだ!」という結論に至りました。



話が進むにつれ、「せめて趣味とか作って何かに熱中できれば、と思うんだけど何をしたらいいかわかんねえ」という話になり。
「最近わたしはエステに行ってる」という子がいたのでそれを見習って、「じゃあとりあえず美しく居られるように努力いたしましょう!」ということになりました。



わたしが「服とか化粧品にお金つかってるのは『誰かのためにキレイになりたい、みんなにキレイだと思われたい』とかいう前向きな思考からではなく、ただ単に『あの人は外見があんなふうだから彼氏もできないんだと馬鹿にされたくない』という非常に後ろ向きな気持ちからだ」という旨の話をしたら、びっくりするほど私もそうだとみんな賛同してくれました。



べつに1人でいることはそんなに辛いと思わないんだけど、ある程度の年齢になったら結婚してて当然。お前はいつ結婚するんだ。みたいな世間の目が辛いんだよね。これがどうにかならんのかね。



ひとりの友達が「仕事はまあ楽しい。でもぶっちゃけ後はもう死ぬのを待つだけじゃね?」とぽつりと言ったのですが、その気持ちもよくわかります。つーかそんなこと思ってるのは私だけだと思ってたので感動した。
わたしたちは確実に死に向かって生きているのであーる。
でも有意義な時間の使い方はしてないのであーる。悪いかちくしょう。



同じ様な考え方してる子たちと久しぶりに話できて良かった安心した!といい気分になっていたら、他の友達から結婚報告メールが届きました。
彼女は昔から頑張り屋さんだし、家族想いの優しい子です。きっと幸せになるはずです。いやー、めでたい!



いっぽう私は死に向かって生きています!
何だこの差は。





正月が暇すぎてひとりでバーゲンに行ってきました。



下着屋さんに行って可愛い下着買うよ!と思っていたら、行ったら店の中はすごい人でした。



みんなパンツ漁ってた。



わたしも人ごみとパンツをかき分けて、ショッピングを楽しんでいたら隣にいた女の人が男連れでした。
彼は「そっちの色のが良いんじゃない?」とか言ってました。「そういうのは家でやれ!」と思うのは、私に見せる相手が居ないからでしょうか。ここは戦場だのに…。



可愛いブラとパンツを買って満足したら、「つぎは気になってた洋服屋さんを見に行こう!」と向かったお店は他の人気店に比べると随分と人が居なくて色々と試着もできて、これまた大満足でした。



モテ系とかと真逆の系統の店だから空いていたんでしょうか。
「このブランドの服着てる女はもてない」とどっかの掲示板で見た気がしますが、アホみたいにその店で買いまくりました。
しかも買った服がどれもこれも黒ばかりで、店員さんが何着あるのかちょっと混乱していました。
この前職場の可愛い女の子に「椿さんってー、いつもモノトーンですね☆」って言われましたが気にしません。たぶん気にしたほうが良い。



人ごみをかき分けてて思ったことは、いろんな人と体がぶつかっちゃったけど、「あっ、ごめんなさい!」と謝ってくれる人ほど美人さんが多いということ。
美人なうえに礼儀正しいなんて恐ろしい…




帰りの電車ではたまたま正面に座ってたのが絵に描いたようなバカップルで、というか男がとくに気持ち悪くて、スーツでびしっときめているかと思いきやすげえ配色の短い靴下を履いていました。
いや、気持ち悪いのは靴下ではなくその行動なんですがね。



電車で眠り始めてしまった彼女の乳を触りだすし、眠っている彼女の顔を愛おしそうに撫でるし、自分の頭を彼女の頭にくっつけてスリスリしてるし…。
バカップルの隣に座っていたお婆さんがすごい顔しながらまじまじとそのカップルを観察してるのが印象的でした。



そういえば短いスカートをはいたノーパンの女優が、正面にカップルが座っている電車の中で徐々に足を開いていく映画があったよなあ…ちょうど今スカートだし、わたしがここで大股開いて座ってみたら、この兄ちゃんガン見してくるかしら?見ねーかー、などと考えていたら目的地に着きました。あー、ひとりだけど楽しかった。






「駄菓子とインフォメーション」の店を名古屋で見掛けました。
店の名前は普通な感じでした。

まだ開いていなかったので、店の中はよくわからん。

駄菓子とインフォメーション。何のインフォメーションだろうね。風俗情報とか?
うまい棒食いながら。
店の看板はピンクだった…!


あけましておめでとうございます。



元旦の朝食に、ローストビーフを食べました。



うしどし。



毎年「年賀状に載せる写真をどうしようか」と悩む方がいらっしゃるならば、干支を食っている写真を載せれば良いんじゃないかと思います。



丑年はすき焼きを食えば良い。
寅年はタイガースグッズのお菓子でも食べれば良い…



こう考えていくと、干支って結構食えます。馬とか羊とかさ。
辰年は梅宮辰夫を食えば良いし。辰ちゃん漬でも可。
夜中に何書いてるんだろう。たぶんCMに上半身裸で出演している梅宮辰夫が悪い。黒光りしていて嫌だ。寝る。






| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 ささくれ一人女。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。