ADMIN TITLE LIST
レンタルビデオ屋に行ってきました。


感動!きょうのわんこ日本代表スペシャル編 戌年記念限定版

「きょうのわんこ」が「きょうのちんこ」に見えました。









ミナミの帝王コーナーがあったので、ふと立ち止まったらすごい世界が広がっていました。

難波金融伝 ミナミの帝王(59) 仕組まれた結婚 難波金融伝 ミナミの帝王 No.41(V版19)闇の裁き 難波金融伝 ミナミの帝王(43)裏切りの報酬

もう一面の竹内力の世界。



普通の生活では絶対使わないであろう顔の筋肉をフルに使ってDVDの表紙の撮影に挑んでいる竹内さんに感動し、ミナミの帝王コーナーでDVDに向かってひとりで指をさして笑いました。



とりあえず満足したので何も借りずに帰りました。それだけです。



 


彼氏の名前を自分のメアドに入れる女が信じらんねえ。



友達って呼べるほど仲が良いわけでもない女の子から携帯に「メアド変えました。登録よろしく☆」とのメールが来ました。



明らかに新しくできた彼氏なんだろうなーと思われる名前が入ってました。
しかも。



hitomi-kenta-loveforever@…以下略



みたいなアドレスでした。
ふざけんな。殺すぞ。



メアド変更のお知らせっつーよりも新しい彼氏ができたことの自慢ですか?ざけんな。
と思っていたのですが、1ヶ月ほど後に、またその子から「メアド変えました」との報告が。



メアドから健太(仮)の名前は消え去っていました。



forever。すなわち永遠。
永遠なんてものは何も無いのだよ。思い知ったかね明智君…!ウキャキャキャキャキャキャ!!ざまあみろ!!!とそのときのメールを見たときはひどくニヤついたものですが、また数週間後にその子から「メアド変えました」メールが。



また男の名前はいっとる…。
もう永遠にやっとれ!



ちなみにわたしの携帯のメアドは一度も変わってません。
たぶんこれからも変えません。『loveforever』なんてメアドには永遠にしません。できません。彼氏もできません。



今現在の予想で行くとフォーエバーです。
あら?永遠なんてものは存在しないと思ってましたが、永遠はここにありました。意外と身近。ばかやろう。



近頃なんだか春めいてきて、コートと手袋とネックウォーマーをして通勤してたら「それはないんじゃないの?」って同じ会社(たぶん)のよく知らんおじさんに話しかけられて困惑した。



でもコートを脱げば、春の陽気に誘われて調子に乗って七分袖なんか着ちゃったわたしの登場。



久しぶりにちょびっと肌を露出してみちゃったぜ、と思ったんだけど困ったことが。



七分袖っつーことは、まあ腕の三割が露になってるって考えれば良いと思う。
そのたった三割が問題だ。



毛深い。非常に毛深い。
あな毛深し。(ああ、毛深いなあの意)



そういえばここんとこ毛の処理を全くしてなかった。
毛の処理をなんにもしてねーっつーのもあるけど、とにかく自分の毛深さが気になって仕方が無い。
もう、仕事に支障がでるくらい気になる。
肌色のはずの腕が、毛のせいで若干グレーがかって見える。



だから今日はなんかこう、腕を妙に隠した変な姿勢で過ごした。
無駄に疲れた。なに七分袖って。馬鹿じゃねーの?(ムダ毛処理もしないで着ちゃうわたしが)
誰もわたしのことなんか見てねーとわかっていても腕毛を気にしちゃうわたしって、やっぱり狂おしいほど乙女なのだ。ええ、たとえ毛深くとも。



とにかく今日は大いに反省し、ムダ毛を剃った。
腕毛が無くなった。わき毛も無くなった。
めんどくさかった。めんどくさかったのでスネ毛は見なかったことにした。



いっそのことエステにでも行って脱毛したら楽なんじゃないかと思うんだけど、長年の疑問があるのだ。
わきの脱毛をしてもらうのにあえてわき毛を生やして行くのか、それともわきを剃った状態で行くのか。



剃って行くべきか、剃らないで行くべきか、それが問題だ。



わき毛が恥ずかしいから脱毛してもらうのに、自信満々にわき毛をボーボー生やして行く気にはなれない。
でもわき毛を剃ってエステに行けば十分に脱毛してもらうことができない気がする。



そもそもなんで女性は脱毛しておくのが基本なんだろう。
地球上の人間みんなが西城秀樹をみならえばいいのにギャランドゥ。(へそ毛)


そういえば大学生のときに参加してたこともあるなーって、「人気ブログランキング」ってところを久しぶりにのぞいてみました。



1位のブログが「15才美少女と塾講師の禁断の愛」ってブログでした。



タイトルを見ただけでむしゃくしゃしたので勢いでこの自己満ブログを登録してしまいました。



どうせこんなブログじゃあ上にはいけないことはわかってるので、もし端っこにあるバナーから投票してくれるかたがいらっしゃったら、とんだ先で面白そうなブログを開拓してください。
オススメは「不活性で怠惰なアタシの肉体の神秘」ってブログ。すげえ有名だと思うけどあえておすすめする。この人は神だから。そして自称処女だから。



ちなみに「15才美少女と塾講師の禁断の愛」ってブログはいっさい読んでません。
クリックすると投票されちゃうんで。15才美少女ってだけで拒絶反応ががが!!
最近わたしの性格のひねくれ具合がますますひどい。




これはブログに書こう!と思いつつすっかり忘れていたんだけど。



以前ファミレスに行った際、休日のファミリーレストランにふさわしくない感じのただならぬ雰囲気をぷんぷん漂わせたグループがいました。



男3人組み。
どの人もなんだか冴えない感じなんだけど、その冴えない感じの中でも小太りで一番ダメっぽい奴がとにかく大きな声で夢中で喋ってるの。



「その女がさー、知れば知るほど良い女でさー…」とか何とか聞こえてくる。




確実にこの男は良い女を語れるほど人生経験は無いはずだ。
子供連れの家族が多く来店している休日の昼時、遠くに居る私にも聞こえるほど大きな声で良い女談義をする男に良い女が寄ってくるはずが無い。私が言うのもアレだが断言する。
というか見た目でわかる。つーかその女の人彼女とかじゃないんでしょ?思い込んでるだけっしょ??




空気読めない勘違い男がいい気になって喋り続けるんで、後の二人超かわいそうって思ってた。
したらば。



わたしがドリンクバーに行ってる隙に状況が変わっていた。
今まで超おとなしかった2人のうちの小太りの男の次にダメっぽい人が、痩せててメガネのあの大人しかった人が、まるで人が変わったようにこれまた大声で喋ってらっしゃる。



「いいかい?いじめられてる側が一気にいじめる側にはなれない。」



小太りの男と、一番まともそうなひたすら黙りっぱなしの人は静かに聞いている。



「でものび太がジャイアンにはなれないが、のび太がスネ夫になることは可能なんだ!!」



な ん と い う 説 得 力 の無 さ!!!!



このあたりで私は理解しました。
なんの勧誘かはわかんないけど、この勧誘にのれば良い女は寄ってくるし、いじめられることも無くなる。もといスネ夫になれる。



のび太似のガリメガネは熱く語っていましたが、「のび太がスネ夫になることだって不可能だよなー」と思いつつ店を出ました。
願わくば、何かに勧誘されてた一番まともそうな人がダークサイドに堕ちませんように。



水族館に行った。



イルカショーとシャチのトレーニングを見た。



イルカもシャチもすごいジャンプを見せてくれたり、手(ヒレっつーのかな)を振ったり、それはそれは可愛らしい動きでわたしを魅了した。



すごく感動したし楽しかったけれど、広いひろい海から狭い水槽に連れてこられて、人間の楽しみのために訓練されるのってどういう気持ちなんだろう。



別に水族館で働いている人たちを批判するつもりなんて微塵もなくって。
イルカやシャチのトレーナーさんたちは本当に良い顔をしていて。
仕事中には死んだ魚のような目をしているわたしなんかに比べたら、ここで働いている人たちはみんなを楽しませる素晴らしい仕事をしている。



トレーナーさんたちは本当にイルカやシャチのことが好きなんだろうなと感じたし、どの人も輝くような笑顔をしていた。
イルカたちも楽しそうにショーをこなしていた。



でもたまには広い海に帰りたいと思わないのかなあ。
もう一生この子たちは生まれ故郷のひろい海には帰れないのかなあと思うと、少し寂しい気持ちになった。



どうかこの子たちが幸せでありますように。
あと、水族館の暗がりでいちゃついていたカップルたちが近日中に死にますように。




シリアス。しりあす。



尻。ass。



assは日本語にするとしりとかケツとか。



seriousってまじめな単語なはずなのに、よく考えるとひどく不真面目な単語だ。
とかトイレでケツ出したままシリアスな顔をして考え込んでたら風邪ひいたみたい。
なんだかなー。



シリアスな風邪に発展しないといいなー。
くしゃみが沢山出るぜ。べらんめえ。






| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 ささくれ一人女。, All rights reserved.